難しく、苦しく、面倒な相続のお手続き、
全て代行致します。

このようなことでお困りでしたら、
日本相続事務代行協会に今すぐご相談ください。

  •  相続の手続きって何が必要なのか、何から手をつけていいのかわからない
  •  大切な人が亡くなったばかりなのに、やらなければならない手続きが多すぎる
  •  相続遺産の財産分与の方法がわからない
  •  遺族の中の誰が相続人になるのかわからない
  •  他の相続人より財産分与の額が多くなる場合って?
  •  共同相続の場合、預貯金の払い戻しは誰になるの?
  •  故人の生前の借金がいくらあるのかわからない
  •  故人の財産に手をつけてしまうと、相続放棄はできないの?
  •  お墓の名義変更をしておかないと、納骨できないことがあるって本当?
  •  etc...

このようなことでお困りの場合は、日本相続事務代行協会が全て問題を解決致します。

相続のプロフェッショナルが、
ご遺族に代わって全ての遺産相続の手続きを行います。

大切なご家族様を亡くされたばかりの失意のご遺族様にとって、複雑で慣れない相続の手続は非常に辛く苦しいもの。行わなければならない手続は膨大にあり、多くの時間と大変な労力を必要とします。しかし、相続手続には期限が定められているものもあり、面倒だからといって安易に放置することもできません。

日本相続事務代行協会では、不意にこの世を去らなければならなくなった故人の気持ちや、大切な方を失ってしまったご遺族様のことを第一に考え、誠意と真心を込めて相続に関する事務手続きの代行を全て請け負います。

日本相続事務代行協会は、相続手続きのプロフェッショナルとして傷心のご遺族様になり代わり、速やかに手続を進めることはもとより、あらゆる角度からご遺族様のサポートに尽力することに努めてまいります。お手続きに関するお問い合わせはコチラ・全国対応

遺族が行うべき相続手続きはこんなにもたくさん。

以下は期限が切られており、最優先で行わなければならない相続の例です。

  • 遺言書の有無確認
  • 相続人確定
  • 相続放棄など

これらは期限を過ぎてしまうと、非常に手続きが複雑になったり厄介な事態を招くことすらあります。期限内にやるべき相続手続をさらに詳しく

相続にはこのような手続きが必要です。
  • 遺族年金
    受給手続き
  • 国民健康保険の
    喪失手続き
  • 預貯金の
    口座解約
  • 不動産の登記名義
    変更手続き
  • 老人医療の
    喪失手続き
他にもこのような手続きが必要な可能性も

生命保険/入院給付金/団体弔慰金/死亡退職金/医療費控除の還付請求/遺族共済年金/葬祭料/生命保険付住宅ローン/クレジットカードの特約/高額医療費/自動車保険/火災保険/公共料金/電話/NHK/各種引き落とし口座の変更/信用金庫への出資金/賃貸住宅/株券・債権/ゴルフ会員権/貸付金/リース・レンタル契約/クレジットカード/携帯電話/各種民間会員証/貸金庫/運転免許/パスポート

これらすべて私たちが相続手続包括支援プランで解決します

このようなお手続きを、必要な機関においてひとつずつ行っていく必要がありますが、日本相続事務代行協会では全て丸ごと代行致します。 相続手続包括支援プランの詳細はコチラ

日本相続事務代行協会が選ばれる4つの理由。

1

全て一括で
手続が完了できる

相続の専門家というと一般的には行政書士、司法書士、弁護士、税理士など、いわゆる士業と呼ばれる職種の方に依頼することが一般的なイメージです。

しかし、士業にも得意分野や職域というものがあるため、弁護士に相続手続きを依頼したとしても、すべての手続きをそこで完了することが出来ないのです。

つまり、必要な相続手続き次第では、何箇所もたらい回しにされる可能性があるということ。

その点、日本相続事務代行協会は相続の専門家ですので、窓口をひとつにすることが出来ます。何度も足を運ぶ必要がなく、全て一括で相続手続きを完了させることが可能です。

2


費用を少なく抑えられる

前述したように、行うべき相続手続きによって、行政書士、司法書士、弁護士など、それぞれに手続きをお願いした場合、別々の法律事務所に依頼することになりますので、その分だけ費用がかさみます。

しかし、日本相続事務代行協会は窓口をひとつにすることで、限りなく費用を最小限に抑えることができるのです。

また、相続手続き包括支援プランは、お見積もり以外に別途ご請求が発生することもなく、明朗会計で安心。 一般的な相場と比べ、非常に低料金でお手続きが出来ることも当協会の特徴です。料金表はコチラ

3

面談で顔を合わせられるので
安心できる

電話やメールだけのやり取りではなく、ご遺族様のご自宅やそれ以外の場所で面談し、直接お顔を合わせてお話させていただくことで詳しくお話をお伺いしますので、きめ細やかなフォローが可能ですし、安心してお任せいただけます。 (出張費等も着手金に含まれますので、余計なご負担は掛かりません。)

4

全てお任せいただく
だけでOK

手続は全て日本相続事務代行協会が手配しますので、ご遺族様は特に何もする必要がありません。 手続き完了までお待ち頂ければ結構です。 煩わしい思いをすることなく、時間を無駄にすることなく、お手続きが完了いたします。

相続手続きの流れ

STEP 1
電話・メールで無料でのご相談

まずはお電話、又はホームページ内のお問い合わせフォームより無料相談のお問い合わせをお願いします。分からないことはもちろん、葬儀後の手続きで心配なことは、どんなことでもご相談ください。

STEP 2
直接お顔を合わせてのご相談

さらに詳しく状況やご希望をお伺いいたします。

STEP 3
ご提案

無料相談よりお話をお伺いした後、こちらからご相談者様にとって最適な方法をご提案します。

STEP 4
お手続開始

ご提案内容にご納得いただいた上で、お手続きを開始いたします。

STEP 5
お手続完了のご報告・完了書類のお渡し

お手続きが完了次第、ご依頼者様にご報告させていただき、完了書類もお渡しいたします。

ご依頼者様の声

工藤 登紀子さま(仮名)
75歳、女性、東京都在住

数年ほど前に主人を亡くし、それぞれに家庭を持っている息子たちとは別々に暮らしておりました。 そんなある日、ふとしたことから、主人が郊外に不動産を所有していたことを知り、息子たちと話し合った結果、売却しようということになりました。

主人が亡くなった後にしたことといえば、主人が残した現預金を家族三人で分けた程度でした。 特に必要性を感じることもなく、面倒臭ささも手伝って、私が住んでいる主人名義のマンションですら名義変更をせず、主人名義のままで放置しておりました。

しかし、この横着が裏目に出てしまい、登記簿上の名義と実際の所有者が一致していなければ、不動産を売ることができないと言われてしまったのです。 そんなことも知らず、呑気に構えていた自分を恥じました。

今から不動産会社が紹介してくれた司法書士さんに頼んでも、不動産の名義変更以外の相続手続きが残っていたため、このままでは埒があかない...と思い悩んだ結果、息子の知り合いに相続手続きに関することは、すべて請け負っていただける会社があるということを思い出し、すぐに息子から、日本相続事務代行協会さんに連絡してもらい、すべての手続 きをお願いすることにしたのです。

日本相続事務代行協会さんは親切丁寧な対応で、不動産の名義変更手続きのほか、不動産の売却まで手伝っていただけると伺った時は、本当に驚きました。

売却予定の不動産は、特別に魅力あるというわけでもなく、売れるまで相当時間がかかるものと覚悟しておりましたが、わずか一年ほどで、私たちの希望に近い金額で売却することができたのです。 それ以外にも、お墓の名義変更や、私が亡くなった後の息子たちへの財産分与についても、細かい提案をしていただき、心からお願いして良かったなと思いました。

不動産の名義変更を安易に考えておりましたが、手続きをしておかないと大変なことになりかねないということを教わりました。
その節は親身になって相談に乗っていただき、感謝の言葉しかございません。
ありがとうございました。

村川玲子さま(仮名)
58歳、女性、札幌市在住

かつて経営者だった夫は、仕事がうまくいかず、借金を重ねて追い詰められたのか、私と息子たちを残して家を出ていってしまいました。 その後、行方がわからないまま10年ほど経ったある日、突然警察から「お宅のご主人が運転中に心臓発作をおこして亡くなった」という連絡が入りました。 その時は急なことだったので、ただただ呆然としていたことしか覚えていません。

しかし、葬儀も終わり相続手続きをしなければならないという場面になった時、ふと頭をよぎったのが、夫が抱えていた借金はどこから借りて、どの程度の金額なんだろうか?ということでした。 ただ、10年以上も離れて暮らしていた上、夫がどこで何をしていたのかもわからない状態。 藁にもすがる思いで、必死に相談できるところを探し、やっと見つけたのが日本相続事務代行協会さんのホームページでした。

すぐに電話で相談したところ、夫が一人で暮らしていた住居に足を運んでいただくことになりました。夫が住んでいた家からは、様々な請求書や裁判所からの呼び出し通知が山のように出てきたそうです。

それら全部を調べていただいたところ、およそ一千万円以上の借金があることがわかりました。 それを聞いた時は、とにかくショックで、このままでは相続人である私と息子たちが借金を支払 わなければならなくなるということで、目の前が真っ暗になりました。

絶望の中にいた私たち親子に、日本相続事務代行協会さんは、「家庭裁判所へ行って、相続放棄の手続きをしましょう」と提案してくださいました。 私は、相続放棄なんて制度があることすら知らなかったため内容を聞いてみると、90日以内に家庭裁判所に対して手続きをして、申請が認 められると相続を放棄することが可能とのことだったのです。

けっして時間に余裕はなかったのですが、とてもスムーズに処理していただき、想像していたよりもはるかに早く手続きを終えることができました。もし、あの時何も知らずに借金を相続していたらと思うと、今でも震えが止まりません。
親身になって相談に乗っていただき、知らなかったことを提案してくださった日本相続事務代行 協会さんには、感謝の言葉しかありません。 私と息子たちにとって、かけがえのない恩人です。

私共に全て丸投げしてください。

大切な人を亡くされた失意の最中、煩雑な相続のお手続きを全てご自身で行おうとすれば、肉体的・精神的にも非常に辛く、負担が重くのし掛かります。専門用語ばかりで難しく、何をやれば良いのか、誰にお願いすれば良いのかわからないと言うご意見が多い相続 手続き。

代行をお願いするならば、一般的には士業の方に依頼するというイメージがあります。しかし、弁護士や行政書士、税理士などの士業の人は相続に精通している人が少ない上、前述しました通り、各専門家には職域がありますから、出来ることと出来ないことが存在します。

ですから、相続手続きを全てやり遂げるためには複数の士業の方に依頼しなければなりません。

つまり、法律事務所に相続の代行業務を依頼したとしても、何箇所にも頼まなければならないため、時間や労力、費用も割高になってしまいます。ご遺族の負担を減らすための相 続代行なのに、それでは正直意味がありません。

日本相続事務代行協会では私共に丸投げしていただくだけで、全てのお手続きを完了させることができます。できる限り、ご遺族の肉体的・精神的ご負担を最大限軽減していただけるよう努めさせていただく所存です。

費用面でもどこよりもお安くお役に立つことをモットーとしておりますので、相続のお手続きにお悩みでしたら今すぐ日本相続事務代行協会へお問い合わせください。

フリーダイヤル
0120-340-838
年中無休【受付時間9:00〜20:00】全国対応