ご挨拶・会社概要

ご挨拶


代表取締役 田口真也

現代の日本では、一日におよそ3,000人もの人が亡くなっています。 人口比率の推移からみても、今後も亡くなる人の数はさらに増加していくことは容易に想像できます。このことは、亡くなる人数に比例して相続が発生し、その手続きに追われるご遺族様の存在もまた増え続けていくということを意味しています。

大切な家族を失って間もない失意のご遺族様にとって、相続の手続きほど難しく、苦しく面倒で、これほど時間がかかるものはありません。

しかし、面倒だからといって安易に放置できるものではなく、その膨大な数の手続きを処理しなければならない精神的かつ肉体的負担は、ご遺族様の身に容赦なくのしかかり、その苦労はさらなる心の痛みを生み出す結果につながってしまうのです。

相続の手続きには、一定の期間内に手続きを終えなければならないものや、専門知識がなければとり返しのつかないことになってしまいかねない内容のものも数多く含まれているため、一般的には弁護士や司法書士などの法律家に相談するものと考えられがちです。

ところが、我が国には相続手続きだけを専門に扱っているプロがほとんど存在していないため、法律の専門家に依頼する以外の方法が見当たらないのが現状ですので、遺族の立場からしてみると決して効率的であるとはいえません。

なぜなら、彼らにはそれぞれ得意分野や職域といったものがあるため、ご遺族様は各案件ごとに相談先を探さなければならない手間が増えると同時に、場合によっては費用が割高になってしまうこともあるのです。

例えば、訴訟問題は弁護士、不動産の名義変更は司法書士、税金に関する相談は税理士にといったような具合です。

そこで私たちは、相続手続きの専門家として相談窓口を一つにすることにより、 ご遺族様の手間や経済的な負担を軽くし、大切な時間を故人を悼むために使っていただきたいという思いの中で、誠意と真心を持って手続きの代行業務に取り組んでいます。

相続とは、「故人の最後の意思を引き継ぐこと」です。 一人でも多くの方に、私たち日本相続事務代行協会を、利用していただければ幸いです。

会社概要

名称 日本相続事務代行協会
E-Mail info@sohzokudaikou.jp
代表 田口真也
企業理念 「お客さまのためになれ、社会のためにあれ」

サポート

司法書士 鈴木郁子
司法書士すみかわ事務所
札幌市出身。
札幌市立澄川中学校卒業。
札幌南高等学校卒業。
法政大学法学部法律学科卒業。    

夫と子供が2人、雌のトイプードル。

電機メーカーを出産のために退職し、専業主婦となる。

その後、宅地建物取引士、行政書士、司法書士の資格を取得し、
子供が小学校高学年になるタイミングで、平成18年に司法書士として社会復帰。

 

札幌市南区澄川4条5丁目5番20号

弁護士 河村直樹
オーバル法律特許事務所

※顧問弁護士

愛知県春日井市出身

京都大学法学部卒

平成16年弁護士登録

平成19年オーバル法律特許事務所開設

現在に至る。

 

名古屋市中区大須4丁目1番9号菱水ビル4階

税理士 辻岡和也
辻岡和也税理士事務所

※顧問税理士

 

札幌市中央区南1条西8丁目14番3号 札幌第2スカイビル